明治25年7月の洪水・土砂災害

災害年月日
1892年07月23日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治25年(1892)7月23日、暴風、海嘯、洪水で死者311人、不詳89人、家屋全壊2,635戸、流失644戸、半壊2,559戸、潮入36,242反歩、船損壊478隻、破堤57km、橋梁6箇所の損害となった。徳島市では津田浦をはじめ大半が浸水。24日、風雨ますます猛烈となり、25日には海部郡川上村平井の保瀬で山岳崩壊し、民屋9戸がつぶされ、男女47人が死亡した。また、海部郡下木頭村(上那賀町)大戸の高磯山が崩壊し、久米鍛治と春森の集落で埋没15戸、死者63人、流失150戸の被害を出した。「赤土水」と呼ばれる。
地理院地図
Googleマップ
備考
平井には保瀬の崩壊に関する石碑が建立されている。また、春森とつづら峠には高磯山崩壊の石碑が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県史 第5巻」(徳島県、1966年)、563頁及び566-567頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 死者 保瀬の崩壊 高磯山の崩壊 赤土水
NO.
徳島1474

よく似た災害

明治43年の洪水

明治43年(1910)9月20日より22日夕方まで大雨、大洪水。山城谷村では数箇所崩壊し、川口では一家5人が埋没して死亡し、2戸が流失した。また、相川... 続きを読む

昭和42年7月の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨があり、山崩れで岡村では12人が生き埋めとなり、うち6人が死亡した。また、大下でも3人の死者を出した。 続きを読む

昭和47年の比島山の崩壊

image

昭和47年(1972)9月15日、豪雨により比島山が崩壊し、住家8棟が押しつぶされた上、火を出して10人が死亡した。(写真1枚) 続きを読む

永正9年の津波

image

永正9年(1512)8月、津波により宍喰浦は残らず流失し、老若男女3,700余人が死亡した。(牟岐東浦の津田屋喜右衛門「地震津浪嘉永録」による) 続きを読む

平成16年の台風15号による土砂災害

平成16年(2004)8月17日から18日にかけて、四国地方は台風15号により局地的に強い雨に見舞われた。新居浜市では、18日の雨で土石流が発生し、家... 続きを読む