寛保3年の洪水

災害年月日
1743年00月00日
市町村
愛媛県西条市(丹原町)
災害種類
風水害  
概要
寛保3年(1743)、中山川の出水により来見字柳原の堤防154間が破壊され、人畜の流失は悲惨であった。(「田野村誌」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
丹原町誌編さん委員会編「丹原町誌」(丹原町、1991年)、43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 中山川 来見 堤防破壊
NO.
愛媛2464

よく似た災害

寛文10年の洪水

寛文10年(1670)9月3日、関屋川が立石の元から切れ込み、田地4町余に砂入り、郡内加勢して堀上げた。桜樹地域の樹木が倒れ、堤塘が破壊され、家屋、耕... 続きを読む

寛延2年7月の洪水

image

寛延2年(1749)7月2日、3日、大洪水により、井関池では堤防破壊40間余となり、人畜の死亡は数えられないほどであった。 続きを読む

寛永3年の洪水

寛永3年(1626)、大洪水により長野村が流れた。(「田野村誌」等による) 続きを読む

明治25年の台風・高潮

明治25年(1892)7月23日、台風による高潮のため、藍田や田畑が浸水し、家屋が潰れたり流失した。また、所々で道路が破壊され、船の流失もあった。 続きを読む

万延元年の台風・高潮

万延元年(1860)7月11日、台風による高潮のため、藍田や田畑が浸水し、家屋が潰れたり流失した。また、所々で道路が破壊され、船の流失もあった。 続きを読む