大正15年の洪水

災害年月日
1926年07月07日
市町村
愛媛県今治市(玉川町)
災害種類
風水害  
概要
大正15年(1926)7月7日、洪水により、浅川決壊し、被害箇所56箇所。7日午前10時までの24時間雨量は240ミリ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
玉川町誌編纂委員会編「玉川町誌」(玉川町、1984年)、831頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 浅川決壊
NO.
愛媛2710

よく似た災害

昭和63年の大雨

昭和63年(1988)6月24日午前3時から25日午前3時までの24時間の降水量は199.5ミリを記録し、24日午後8時~9時までの1時間雨量は68ミ... 続きを読む

大正15年の洪水

大正15年(1926)7月6日午前10時からの24時間雨量は240ミリに達し、7日洪水が発生した。市内平坦部で浸水しなかったのは日吉、蔵敷の一部に過ぎ... 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日、台風19号により、道路、河川に被害。17日午前7時までの降雨量は黒滝山で172ミリ、上名で152ミリに達した。 続きを読む

平成17年の台風14号

平成17年(2005)9月5日夜、台風14号の影響により、県西部と東部では大雨洪水注意報が警報に切り替えられた。5日午後9時頃、足摺岬では26.8mの... 続きを読む

昭和57年7月の豪雨

昭和57年(1982)7月24日、宇和町は251ミリの豪雨に見舞われた。特に24日午後1時~2時までの時間雨量は31ミリと記録的なものであった。このた... 続きを読む