昭和18年の水害

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日から降り出した激しい雨は、22日も続き、大洲平野は一大湖水と化し、十夜ヶ橋大師堂の屋根をわずかに残し、国道沿いの電柱も水没した。23日には再び豪雨が襲い、八幡下の国鉄鉄橋は右岸の橋桁がもぎとられて線路が宙づりとなった。氾濫した泥水は堤防を崩して、若宮・中村方面に浸水した。町内の3,500戸中、3,000戸が浸水した。3日3番降り続いた雨は700ミリに達した。死者・行方不明は南久米で8名、北裏で1名、米津11名などである。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大洲市誌編纂会編「大洲市誌」(大洲市誌編纂会、1972年)、254-256頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 死者
NO.
愛媛4732

よく似た災害

昭和18年の水害

昭和18年(1943)7月21日から降り出した激しい雨は、22日も続き、大洲平野は一大湖水と化し、十夜ヶ橋大師堂の屋根をわずかに残し、国道沿いの電柱も... 続きを読む

昭和2年の洪水

昭和2年(1927)4月3日、1日からの雨が激しくなり、午後3時頃には四万十川の水は4m程の増水となった。雨は一時的に小降りとなったが、梼原、大野見方... 続きを読む

昭和18年の水害

昭和18年(1943)6月14日、県内の雨量は少なかったが、高知県方面の雨量が多く、吉野川が増水して樋門から逆流した水が低地部に浸水した。桑園も水稲も... 続きを読む

昭和18年の水害

昭和18年(1943)6月14日、雨量は少なかったが、吉野川が増水して樋門から逆流した水が低地部に浸水した。桑園も水稲も中間期のため、被害は少なかった... 続きを読む

昭和18年7月の水害

昭和18年(1943)7月23日、小田川で大洪水のため、中町以南、新川町全部が床上まで浸水した。また、天神村宮の瀬前の山崩れのため、濁流が逆流して、大... 続きを読む