昭和18年の豪雨

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県八幡浜市
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日~24日、700ミリを越す記録的な豪雨となり、河川の堤防は各所で決壊した。日土では喜木川が氾濫、役場が流され、五反田川は元井橋から千畳の方に流れ、清滝橋が流失し、千丈川も溢れ、今の新開町、木多町あたりを流し、昭和通り付近は一面の沼となった。古町、広瀬も軒先まで浸水し、明治橋を越す水は橋のたもとをえぐり、下流の橋はことごとく流失した。一方、波浪による海岸の被害は甚だしく、道路が決壊し、各所で寸断された。(「愛媛県史概説下」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八幡浜市誌編纂会編「八幡浜市誌」(八幡浜市誌編纂会、1987年)、38-39頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 堤防決壊 喜木川 五反田川 愛媛県史概説
NO.
愛媛5091

よく似た災害

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月21日~24日の800ミリを越す記録的な暴風雨により、堤防は至る所で決壊した。日土では喜木川が氾濫し役場が流され、五反田でも... 続きを読む

昭和18年の豪雨

昭和18年(1943)夏、豪雨により、各所の田畑が流失し、下宇和駅付近の宇和川の湾曲部が直線に流れて一面の川原になった。 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、大洪水のため、紅葉橋が流失し東に流れ、新月橋の南の田の上を流れた後に柳原橋付近で鏡川に戻り、天神橋に激突し天神橋の中程... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月、台風12号は瞬間最大風速35m、降雨量600ミリに達し、永瀬ダム以東では橋が流失した。大栃~別府間32kmの森林軌道と物資... 続きを読む

昭和41年の豪雨

昭和41年(1966)9月16日、豪雨のため、県道菅生・三縄線が各所で決壊、山崩れにより通行不能となり、西祖谷山村は孤立状態になった。 続きを読む