昭和18年の豪雨

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県今治市(宮窪町)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日から24日にかけて降雨が続き、各地で記録的な豪雨となった。4日間の降雨量は宇和島で940ミリ、松山で540ミリ、東予地区で300~400ミリであった。八幡浜、松山、今治間の鉄道も不通となり、大洲盆地は一大湖水と化した。この時、宮窪消防団は大島の他の4ヶ村の消防団とともに勤労報国隊を編成し、下宇和村の堤防復旧工事に出動した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宮窪町誌編集委員会編「宮窪町誌」(宮窪町、1994年)、598頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 宮窪消防団 勤労報国隊
NO.
愛媛3218

よく似た災害

昭和47年7月の豪雨

image

昭和47年(1972)7月5日、南国市の北部地区で豪雨となった。土佐山田町繁藤では、一日741ミリ、一時間最大100ミリ近くの豪雨に見舞われ、行方不明... 続きを読む

昭和28年の豪雨

昭和28年(1953)6月25日~29日、南予では総降水量500ミリに達した所もあり、大被害を受けた。町見村では26日夜間に奥、向の集落で浸水甚だしく... 続きを読む

昭和29年の台風15号

昭和29年(1954)9月25日、台風15号が襲来し、消防団が警戒出動した。26日、被害甚大、重傷2人、軽傷2人。(「町見村日誌」による) 続きを読む

昭和40年の山火事

昭和40年(1965)8月29日、当浜地区の山林で火災が発生し、約10haが焼失し、町内消防団が出動した。 続きを読む

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月6日、台風8号が本島東部地区に集中豪雨をもたらし、隣町内海町の被害は甚大で29人の死者を出したほどであった。池田町は事なく済... 続きを読む