昭和37年の大雨

災害年月日
1962年06月07日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
昭和37年(1962)6月7日~10日、梅雨前線により、大雨となった。県下最大日雨量は9日に高浦で81ミリであった。被害は県下全域に及んだ。(気象台資料及び「愛媛県土木10年史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、50頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 梅雨前線
NO.
愛媛5358

よく似た災害

昭和37年7月1日の大雨

昭和37年(1962)7月1日~6日、梅雨前線により、大雨となった。県下最大日雨量は5日に久万で98ミリであった。被害は県下全域に及んだ。伊方中学校の... 続きを読む

昭和37年7月7日の大雨

昭和37年(1962)7月7日~8日、梅雨前線により、大雨となった。県下最大日雨量は8日に御荘で93ミリであった。南予、中予で被害が出た。(「愛媛県土... 続きを読む

昭和53年の大雨

昭和53年(1978)7月12日夜、集中豪雨が県中央部を襲った。高知市の時間雨量は90ミリを記録した。市内のほぼ全域にわたって家屋浸水や道路冠水の被害... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、台風が豊後水道を北上し、隠岐へ抜け、被害は県下全域に及んだ。中村で住家倒壊9戸、流失4戸、大破22戸、諸作物被害甚大... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早暁、地震が発生し、その後の津波の襲来により、被害は県下全域に及んだ。高知市では特に地震による地盤沈下のために浸水家... 続きを読む