昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県三豊市(仁尾町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生し、香川県では死者51人、負傷者275人、家屋の全壊608戸の被害が出た。仁尾町では死者はなく、家屋の倒壊がいくらか見られる程度であったが、地下水に異常に見られ、町内の井戸水に塩分がさすようになった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
仁尾町誌編さん委員会編「新修 仁尾町誌」(仁尾町、1984年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 死者 地下水異常
NO.
香川64

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、M8.1、高松で震度5の南海大地震が発生した。揺れは断続的に15分くらい続き、屋根瓦が落ちた。香川... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、大地震が起こり、上ノ加江では流失家屋が200軒を超え、そのほとんどが浦分であった。船も19艘流失し、残ったのは広野神社... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分頃、M8.1の南海道地震が起こった。愛媛県下の被害は、死者27人、負傷者28人、家屋の全壊1,133戸... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分頃、地震が発生し、地震後約10分に津波の第一波が予想よりも以外に早く襲来した。津波はその後2時間半くらいに... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、南海地震が発生した。夜須町では、地震の10分後に津波が来襲し、来襲回数は3回、津波の高さは3~4m程... 続きを読む