昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)、南海地震が発生し、松山市の道後温泉の源泉の水位は11m低下した。
Googleマップ
参考文献
小泉尚嗣・佐藤努・中林憲一「[講演要旨]1946 年南海地震の時の愛媛県道後温泉と和歌山県湯峯温泉の変化について」(歴史地震研究会編「歴史地震No.20」)、113頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 道後温泉 水位低下
NO.
愛媛466

よく似た災害

昭和21年の南海地震による山崩れ

昭和21年(1946)12月21日、南海地震(M8.0)により、道後温泉では山崩れが起こり、源泉が埋没した。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、愛媛県下の海岸線は40~50cm地盤沈下した。また、道後温泉の湧出が6ヶ月間止まった。(気象台資料... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、愛媛県下の海岸線は40~50cm地盤沈下した。また、道後温泉の湧出が6ヶ月間止まった。(気象台資料... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海大地震により、道後温泉の出湯が止まった。(東温市の水利年表) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震。震度4、地盤沈下0.5~1m、道後温泉の湧出が約3ヶ月間止まる。 続きを読む