大正5年の地震

災害年月日
1916年08月06日
市町村
愛媛県四国中央市(伊予三島市)
災害種類
地震・津波  
概要
大正5年(1916)8月6日、宇摩郡関川村五良津で震度5、宇摩郡内の建物道路の損壊多し。多くの家庭では、ガラスが割れたり、樹木や神社の玉垣が倒壊した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊予三島市史編纂委員会編「伊予三島市史 中巻」(伊予三島市、1986年)、508頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 五良津
NO.
愛媛14

よく似た災害

昭和12年の地震

昭和12年(1937)2月27日、安芸灘を震源とするM5.9の地震により、松山市武徳殿のガラスが破損し、三津浜缶詰会社の煙突が倒壊した。 続きを読む

大正5年の地震

大正5年(1916)8月6日、地震により、宇摩郡関川村地方に被害があり、長さ数百間の地割れが生じ、山腹より落石多し、軽傷1人。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、広見町では家が揺れ動き、タンスが今にも倒れそうになった。地震は数分間のものであったが、翌朝には土蔵... 続きを読む

昭和43年の日向灘地震

昭和43年(1968)4月1日朝9時42分、松山市で震度4の地震があった。銀天街のガラスのショーウインドーが割れたり、城山のリフトが停電となり、利用客... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海道地震が起き、四国一帯は震度5の強震だった。脇町警察所管内では死者10人、負傷者4人、家屋全壊2... 続きを読む