昭和26年7月の豪雨

災害年月日
1951年07月12日
市町村
愛媛県重信川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和26年(1951)7月12日、梅雨による豪雨・洪水のため、表川合流地点で堤防決壊、渋谷川決壊、重信川拝志開発で決壊寸前、拝志・川上両村に避難命令発令。内川が森松で40m決壊。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局松山工事事務所編「松山工事四十年史」(建設省四国地方建設局松山工事事務所、1985年)、87頁及び192頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
梅雨 豪雨 洪水 重信川 内川
NO.
愛媛8646

よく似た災害

昭和26年の豪雨

昭和26年(1951)7月12日、梅雨前線による豪雨のため、表川は合流地点で堤防決壊、渋谷川決壊、重信川は拝志開発で決壊寸前。拝志・川上両村に避難命令... 続きを読む

昭和26年の洪水

昭和26年(1951)7月12日、前線による大雨のため、表川は合流地点で堤防決壊、渋谷川決壊、重信川は拝志開発で決壊寸前。拝志・川上両村に避難命令発令... 続きを読む

大正4年10月の台風

大正4年(1915)10月7日、台風により新田海岸決壊寸前。 続きを読む

宝暦2年の洪水

宝暦2年(1752)7月4日、大洪水、土器川決壊寸前。 続きを読む

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月11日の洪水では、「7月11日は特に甚しく小野川は未曾有の出水にして、小野川橋が破損して鉄道遮断。12日には拝志村下林開発の... 続きを読む