昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県今治市(菊間町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、大地震が襲った。瀬戸内海沿岸では地盤沈下が顕著になった。建設省地理調査所の測量結果によると、新居浜付近で55cm、郡中で30cm、高縄半島で25cmの地盤沈下が確認された。愛媛県では道後温泉の湧出が止まり、壬生川、松山などをはじめ海岸の民家の倒壊があった程度であるが、地盤沈下のために沿岸の米作地帯に海水が浸透したり、飲料水に塩分が入って飲めなくなるなどの被害が続くことになった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
菊間町誌編さん委員会編「菊間町誌」(菊間町、1979年)、49-50頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下 道後温泉
NO.
愛媛89

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海大地震により、高知城下の地盤の沈下量は1.2mに及んだ。地震の10日後にはおよそ沈下量の12分の1程度が回復、3ヶ月後には... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震による地盤沈下は、海部郡海岸線一帯では北部で沈下量が大きく、南に向かうにしたがい漸減している。当郡一帯は地... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明、南海道沖でM.81の大地震が発生し、県下では震度4~5となり、被害は県下で死傷者58人、家屋の全半壊1,343... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、綾歌郡では玉越村、松山村、宇多津町で地盤沈下の被害を受けた。沈下量は坂出市で37cmである。玉越村... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震により、詫間町の海岸線では60cmもの地盤沈下が起こった。 続きを読む