昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県大月町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、M8.0の南海地震が発生した。小才角では住家1戸が全壊、死者2人。
Googleマップ
参考文献
浜口芳昭著「ふるさと小才角」(浜口芳昭、2009年)、244頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
昭和南海地震 死者
NO.
高知1018

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、南海道沖で地震が発生し、大津波を伴って中部、近畿、中国、四国、九州の各地に大きな被害を出した。豊浜... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、M8.1の地震が発生した。高知県下の被害は死者670人、住家の全壊4,834戸、半壊9,041戸、浸... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、大地震が起こり、津波が発生した。大方町の被害は、死者22人、重傷者11人、住家の全壊258戸、半壊3... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震(M8.0)が発生し、道後温泉の湧出停止70日間。この地震により、死者26名、負傷32名、住家全壊155戸... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、大地震が発生した。大月町では死者5名、家屋全壊53戸、半壊30戸、浸水132戸であった。津波被害は古... 続きを読む