昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月08日
市町村
香川県さぬき市(長尾町)
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)9月8日から13日まで、台風17号により断続的に多量の降雨があった。長尾町では水防態勢を強化して活動したが、各所で堤防が損傷し、池、橋、道路などに大きな被害があった。前山ダム観測所の記録によると、9月10日から12日までの総降雨量は739ミリであった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長尾町史編集委員会編「改訂 長尾町史 下巻」(長尾町、1986年)、750頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 前山ダム
NO.
香川4208

よく似た災害

昭和45年の長雨

昭和45年(1970)、長雨が6月10日まで続き、日照不足のため、農作物に大きな被害があった。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月下旬から5月末まで、梅雨時期のような曇雨天となり、長雨により麦、タバコ、野菜などに大きな被害があった。 続きを読む

享保6年の風雨

享保6年(1721)8月10日から15日まで、風雨、洪水があり、高91,955石余が損亡、流家99軒、流死男8人、女1人、馬30匹、牛68匹の大きな被... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月23日から8月15日まで、雨らしい雨がなく、農作物に大きな被害が出た。各地で雨乞いや念仏踊りもしたが、特記すべき干ばつの年で... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて、台風17号により、竜王山、内場ダムで780ミリの大雨が降り続き、土砂崩れや香東川の氾濫などで大きな被... 続きを読む