安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
愛媛県愛南町(西海町)
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月5日昼7ツ時大地震があり、その上大津波により、御城下、御家中、町内で潰家数軒あり、怪我人も少々出た。当浦にも津波が来て、3、4尺程上がり道場寺の庭先まで波先が到達し、昼夜とも2、3べん差し込んだ。御庄組では格別の事はなかったものの、貝塚村、新田では大潮が1丈5、6尺上がり、流家も少々あったようであるが、怪我人はなかった。(「辰巳屋由来記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
西海町誌編集委員会編「西海町誌」(西海町、1979年)、468頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 津波 道場寺 貝塚村 辰巳屋由来記
NO.
愛媛416

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、M8.4の南海地震が起こった。津波の規模は宝永大地震をやや下回る程度であり、その被害は死者372人(男98人、女276... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、地震が発生した。中村では安政地震に関する記録は少ないので、入野の漢学者上岡微峰著「桑滄談」により、中村関連の内容を紹介... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、地震が起こり、津波が襲来した。この津波では中新田から片島の鷲州橋間の道路コンクリート舗装が浮き上がった程度で、総曲... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日、大地震が起こった。寅の大変と言われる。「甲寅大地震御手許日記」によると、夕方地震が起こった後も、日没までに2回、夜中に... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、M8.4の南海道沖大地震が起こった。「三災録」によると、被害は死者372人(男96人、女276人)、怪我人180人(男... 続きを読む