昭和30年の台風22号

災害年月日
1955年09月29日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
昭和30年(1955)9月29日~30日、台風22号は薩摩半島から北上し、北九州を経て日本海南部へ進んだ。この台風は香川県への直接の影響はなく、被害は軽微であった。県下の被害は家屋の全壊1戸、床下浸水123戸、非住家被害1戸、畑冠水1ha、道路損壊1箇所、板塀破損5箇所であった。(高松地方気象台「異常気象速報」による)/高松の最大風速は南東15.5m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、58頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 異常気象速報
NO.
香川5411

よく似た災害

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月7日~9日、台風6号による豪雨のため、総雨量は龍王山で229ミリ、大楢で200ミリ、高松で100ミリに達した。県下の被害は死... 続きを読む

昭和28年の台風2号

昭和28年(1953)6月7日~8日の台風2号により、香川県では麦刈期を控えて農作物が大きな被害を受けた。県下の被害は家屋の全壊2戸、床下浸水95戸、... 続きを読む

昭和33年の台風17号

昭和33年(1958)8月25日~26日、台風17号が室戸岬の南東側をかすめて紀伊半島の白浜付近に上陸したため、香川県でも20~150ミリの雨量があっ... 続きを読む

昭和33年7月の大雨

昭和33年(1958)7月1日午前中、前線の南下に伴い香川県地方でかなり強い雨が降り、また3日朝にも前線の活動が強まりかなりの雨が降った。この2回の雨... 続きを読む

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)9月25日2時頃から、香川県では台風20号による風雨が強まり、5時から7時にかけて風が最も強まった。最大風速は高松で南西23.3... 続きを読む