元禄11年の大火

災害年月日
1698年11月08日
市町村
高知県高知市
災害種類
火災  
概要
元禄11年(1698)10月6日午の刻(正午)頃、北奉公人町1丁目から出火し、強い西風により、火は郭中では大手答から中島町に至り、町方では大鋸屋橋に至るまで南町、北町を全焼して、農人町、新町に及び、日暮れになって鎮火した。焼失家屋は、侍屋敷198戸、寺院15箇所、町屋1,948戸に及んだ。元禄の大火と呼ばれる。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知市編「高知市史」(名著出版、1973年)、84-85頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
元禄の大火 北奉公人町
NO.
高知1767

よく似た災害

元禄11年の火災

元禄11年(1698)10月6日午の刻(正午)頃、城西北奉公人町一丁目から出火し、強い西風により火勢は猛烈となり、火は東郭中では大手門より中島町に至り... 続きを読む

大正7年の大火

大正7年(1918)5月20日午後5時過ぎ、南京町から出火し、西風のため近隣の10数戸に延焼した。さらに新町にも飛び火して一面の火の海となった。東西約... 続きを読む

元禄11年の大火

元禄11年(1698)1月21日、東新町より出火し、町分は残りなく焼失し、焼け野原となった。(「富岡町志」による) 続きを読む

大正8年の大火

大正8年(1919)5月3日午前8時頃、下田町から出火し、西の強風のため下田小学校が全焼し、さらに飛び火して130余戸を焼き尽くして、正午頃鎮火した。... 続きを読む

享保12年2月1日の大火

享保12年(1727)2月1日午の下刻(午後1時)、小高坂越前町から出火し、西風にあおられて数条に分かれ、一手は城郭を全焼して永国寺町に及び、一手は尾... 続きを読む