安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日午後4時過ぎ、大地震が起こり、強烈な震動は約10分間続き、その後津波が来た。津波は3回来たが、2回目が特に大きかった。目撃した人によると、津波は寄せる時は徐々であるが、引く時は勢いすこぶる猛烈を極めたという。地震の後には津波が来るということは、民衆すべて知っていて、直ちに高所に避難した。当時は全部草屋であったので、倒壊した家屋はなく、火災もなく、人畜の死傷もなかったが、地震後数ヶ月間は火災予防のため水を桶に張り、夜間これを枕元に備えて寝たという。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
田村非水編「下川口村誌 復刻版」(下川口村誌復刻委員会、1985年)、88-94頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政南海地震 津波 避難 火災予防
NO.
高知236

よく似た災害

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、地震津波が来襲した。「真覚寺日記」には被害の様子が詳細に書かれている。午後5時頃未曾有の大地震が起こり、人々は狼狽し、... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日午後5時頃から、大地震が起こり、人畜、家屋にも多数の被害が出た。地震から3日目の7日夕刻にどこからともなく山を越えて大津... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午前9時頃、大地震があったが異変はなく、翌5日夕方に大震動とともに、家は壊れ、山が崩れた。震動が止むと、海岸地帯では津波... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日、大地震が起こった。寅の大変と言われる。「甲寅大地震御手許日記」によると、夕方地震が起こった後も、日没までに2回、夜中に... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日午後5時頃、地震が発生した。人々はあわてふためいて山辺の藪地に避難するが、強震のため歩行も困難だったという。人家は全く崩... 続きを読む