明治40年の大雪

災害年月日
1907年02月11日
市町村
高知県
災害種類
雪害  
概要
明治40年(1907)2月11日、低気圧が四国沖を通過したため大雪となった。積雪は本山で15~18尺、梼原で8.5寸、須崎・斗賀野峠で1尺~1.5尺、高知で4~5寸等を記録した。綜合斗賀野村誌略には「平地1反、竹多く折れる」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、76頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 低気圧 綜合斗賀野村誌略
NO.
高知3891

よく似た災害

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、低気圧が四国沖を通過したため、大雪となった。積雪は須崎・斗賀野峠で1尺~1尺5寸、梼原で8尺5寸、窪川で5寸、高知で... 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)、54日干ばつが続く。(「綜合斗賀野村誌略」による) 続きを読む

明治12年の干ばつ

明治12年(1879)、河水干れ、草木枯死。(「綜合斗賀野村誌略」による) 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)夏、50日間降雨なし。(「綜合斗賀野村史略」による) 続きを読む

明治19年9月10日の台風

明治19年(1886)9月10日夜、台風が豊後水道を北上し、11日6時隠岐の北に出た。綜合斗賀野村誌略には「倒家33、死1、山の木多く倒れ2、3日後に... 続きを読む