明治40年9月の台風

災害年月日
1907年09月07日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治40年(1907)9月7日、台風が九州の西岸から山口県に北上し、洪水被害を起こした。中村町資料には「浸水約500戸、平水より20尺余」と、綜合渡川史には「明治23年以来の洪水で、京町、中町等高所も床下浸水」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、76頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 中村町資料 綜合渡川史
NO.
高知3893

よく似た災害

明治19年9月24日の台風

明治19年(1886)9月24日、台風により、水は上町浜屋まで。(「綜合渡川史」による) 続きを読む

明治19年8月の台風

明治19年(1886)8月20日、台風。綜合渡川史によると、19時頃から北東の暴風雨、21日ますます猛烈となり、12時頃より河水増加し、14時市街地浸... 続きを読む

明治19年9月17日の台風

明治19年(1886)9月17日夜より翌17時まで風雨、水は上町鍛冶屋辺。(「綜合渡川史」による) 続きを読む

昭和10年8月の台風

昭和10年(1935)8月28日15時、台風が土佐清水付近に上陸した。雨台風で渡川の洪水は明治23年(1890)以来と言われ、被害甚大であった。渡川の... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月14日午後10時より暴風雨となり、翌15日にはますます猛烈となり、午後11時全町に浸水した。家屋の流失全壊24戸、破損約1,... 続きを読む