明治25年の洪水

災害年月日
1892年07月23日
市町村
高知県香南市(野市町)
災害種類
風水害  
概要
明治25年(1892)7月23日、高知市付近に上陸した台風により、物部川流域は大きな被害を受けた。23日から26日まで4日間続いた雨で、物部川は大増水し、特に左岸の深渕方面の被害が大きく、深渕神社が流されそうになったため、氏子総動員で現在地に移転したと言われている。深渕にはその洪水のことが刻まれた記念碑が建立されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局高知工事事務所編「流域史蹟ガイド 仁淀川・物部川・高知」(建設省四国地方建設局高知工事事務所、1988年)、25頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 物部川 洪水 深渕神社 記念碑
NO.
高知4521

よく似た災害

明治25年の洪水

image

明治25年(1892)7月23日、高知市付近に上陸した台風により、物部川流域は大きな被害を受けた。23日から26日まで4日間続いた雨で、物部川は大増水... 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)8月21日、9月10日、17日、24日と連続的な暴風雨により、物部川の西岸竹ヶ端堤防約100間、東岸仁尾島堤防約150間が決壊し... 続きを読む

天明8年の洪水

天明8年(1788)7月、大洪水により、山田堰など物部川流域で大被害があった。安芸市歴史民俗資料館蔵の天明8年7月物部川大洪水による被害調査図が掲載さ... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月20日、室戸台風により、物部川の増水1丈余。物部川流域での被害は記録されていない。 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)、物部川が竹が端で決壊した。「亥の大変」と言われている。 続きを読む