昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月17日、台風5号により、河川の決壊3,657箇所、床上浸水12,576戸、床下浸水19,730戸。(仁淀川の主な洪水の歴史による)/伊野水位観測所では計画高水位(10.15m)を突破する10.20mの最大水位を記録した。このため、仁淀川では中島堤防の溢流をはじめ堤防決壊、漏水による法面崩壊、堤防亀裂、護岸決壊など大被害を受けた。さらに支川の日下川・宇治川・奥田川・南の谷川・波介川では内水により平地のほとんどが氾濫した。高知県下では死者・行方不明者が63人に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院編「川と人との歴史ものがたり」(国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院、2003年)、78-79頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 仁淀川 堤防決壊 計画高水位 死者
NO.
高知5359

よく似た災害

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日8時50分、台風5号が宿毛市付近に上陸し、四国、中国の西端をかすめて、19時に日本海に出た。この台風で仁淀川中流域を中... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて、台風17号の影響により、高知県中部を中心に長時間にわたり大雨が降った。仁淀川では伊野の水位が8日7時... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号による豪雨のため、仁淀川の支川で氾濫や内水被害が起こったほか、仁淀川本川では伊野町の水位が戦後最大のT.P.... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号による集中豪雨のため、神谷、成山、中道、勝賀瀬地区等で山崩れ、鉄砲水、土石流が発生し、死者21人、行方不明2... 続きを読む

元禄16年の洪水

元禄16年(1703)、仁淀川の洪水により、堤防が決壊した。 続きを読む