昭和49年の台風18号

災害年月日
1974年09月00日
市町村
徳島県美馬市(美馬町)
災害種類
風水害  
概要
昭和49年(1974)9月、台風18号により、美馬郡、三好郡は大きな損害を受けた。青石潜水橋(延長144mのうち48m)と橋の北側堤防が流失したり、両郡で460戸の家屋に浸水があった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
美馬町史編集委員会編「美馬町史」(美馬町、1989年)、683頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 青石潜水橋 堤防決壊
NO.
徳島2350

よく似た災害

文政9年の台風

文政9年(1826)秋、台風により、郷東の香西道の北堤防が50間決壊し、東新開の耕地2町歩、民家3戸流失、7戸が浸水した。また、海岸堤防は50間決壊し... 続きを読む

昭和21年の洪水

昭和21年(1946)、前年の洪水による表川の堤防復旧が完成しないうちに、豪雨があり、堤防が流失した。このため、前年分と合わせて、流失田は60町歩にな... 続きを読む

昭和29年の台風15号

昭和29年(1954)9月26日、台風15号により、降雨量は約400ミリを記録し、風も強かった。吉野川は増水し、祖谷川の増水は特に甚だしかった。この時... 続きを読む

弘化3年の台風

弘化3年(1846)7月15日、台風、洪水により、各地の堤防が決壊し、大被害となった。東川原の三倉出水堤防が60間決壊し、耕地5町歩が流失。東青木堤防... 続きを読む

元禄15年の洪水

元禄15年(1702)、大洪水により、田畑が流失した。本根川の田畑のうち約2割が流失したようである。 続きを読む