昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海地震が発生し、主に津波により徳島県では202人の死者が出た。この研究では、被災者に関する文献調査により、1854年安政南海地震と1946年昭和南海地震時における津波避難行動について検討し、早期の避難行動を促した要因について考察を行っている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
井若和久・上月康則・花倉僚介・山中亮一・村上仁士「安政・昭和南海地震時における津波避難行動に関する一考察」(土木学会海岸工学委員会編「土木学会論文集B2(海岸工学)Vol.66」2010年)、1306-1310頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 津波 死者 文献調査 避難行動
NO.
徳島309

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時頃、南海地震が発生し、主に津波により徳島県では213人の死者が出た。この研究では、被災者に関する文献調査により、... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震が発生した。この研究では、徳島県沿岸部の歴史資料(書籍、地方誌、石碑)から、安政南海地震(1854年)及び昭和南海地震... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、南海地震が発生した。この研究では、徳島県沿岸部の歴史資料(書籍、地方誌、石碑)から、安政南海地震(1854年)及び昭和南海地震(... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震及び津波により、浅川地区の被害は家屋の流失441戸、全壊364戸、半壊189戸、浸水65戸、県道流失1,5... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、M8.0の南海地震が発生したが、昭和南海地震は平均的な歴代の南海地震に比べて規模は小さかった。この報... 続きを読む