昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海地震が発生し、土佐清水市内で全半壊家屋542戸(清水警察署調)という被害が出た。
Googleマップ
参考文献
山本等編著「足摺岬」(土佐清水市足摺岬区長場、1985年)、90頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
昭和南海地震
NO.
高知1026

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、潮岬の南南西役50kmの沖合で大地震が起こり、海岸地帯には大津波が来襲した。理科年表によると、幡多郡... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日の地震により、松山城天守閣の石垣が2箇所ふくらみ、本丸では平野屋根の瓦が落ち、壁にも被害が出た。家中屋敷では全半潰20軒... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、ルース台風により、板西町で全壊家屋1戸、半壊家屋4戸、道路決壊1箇所、堤防決壊1箇所、田冠水5町などの被害が出た。... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、南海地震が発生し、ついで津波が押し寄せた。安芸郡では死者30人、行方不明5人、負傷906人、倒壊家屋... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分、南海地震が発生し、土佐市内では宇佐を中心に死者・行方不明3名、負傷58名、家屋倒壊151戸、家屋半壊... 続きを読む