昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年00月00日
市町村
徳島県美波町(由岐町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)、南海地震が発生し、まもなく津波が来襲した。昭和南海地震による家屋被害は津波による流失が主な要因であると報告されている。この研究では、美波町由岐地区(旧由岐町)をモデル地区に選定し、昭和南海地震の体験者から聞き取り調査を行い、既往の研究で示された震源特性について考察を加えるとともに、地震規模の割に建物被害が少なかったとされる理由について、地盤及び建物の振動特性、地震動の特性から考察を行っている。
Googleマップ
参考文献
齊藤剛彦・三神厚・吉岡理絵・黒崎ひろみ・浜大吾郎・中野晋・澤田勉「体験談と現地調査に基づく昭和南海地震の地震動と木造家屋被害についての考察」(土木学会地震工学委員会編「土木学会地震工学論文集Vol.29」2007年)、816-822頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 津波 体験談 振動特性 建物被害
NO.
徳島311

よく似た災害

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)、南海地震が発生した。海陽町宍喰に現存する古文書「震潮記」には安政南海地震による約1年間に及ぶ余震の記録が残されている。この研究で... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海地震が発生し、主に津波により徳島県では202人の死者が出た。この研究では、被災者に関する文献調査... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震が発生した。南海地震防災を考える上で、過去に起きた地震のアスペリティの位置を捉えておくことが重要である。この研究では、... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日、安政南海地震・津波が宍喰を襲った。この時の状況を、当地の元組頭庄屋・田井久左衛門宣辰が「震潮記」に克明に書き残している... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時頃、南海地震が発生し、主に津波により徳島県では213人の死者が出た。この研究では、被災者に関する文献調査により、... 続きを読む