明和8年の干ばつ

災害年月日
1771年07月19日
市町村
愛媛県砥部町、松山市
災害種類
渇水  
概要
明和8年(1771)、干ばつのため、6月8日、八倉・宮ノ下・上野・徳丸・出作各村の700人の集団が小樋井手を切り落としたため、上麻生・下麻生両村民と矢取川で乱闘となった。この争いで宮ノ下村六兵衛、八倉村作左衛門の2人が死亡した。天領から死者が出たため、大洲藩も公式に幕府に届けねばならなかった。このため、各村の庄屋・組頭など308人が備中倉敷の代官所に召還された。この吟味は長引いたが、安永3年(1774)、発議者と名乗り出た下麻生村組頭兵右衛門が死罪になった。(「大洲旧記」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
兵右衛門は砥部町八倉雲雀山中腹の衣更着神社に祀られ、八倉公民館裏には兵右衛門の墓がある。
参考画像

参考文献
門田恭一郎「伊予における水論について(下)」(高須賀康生編「伊豫史談 第318号」伊豫史談会、2000年、所収)、37-38頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水争い 死者 兵右衛門 大洲旧記
NO.
愛媛1555

よく似た災害

明和8年の干ばつ

image

明和8年(1771)、大干ばつのため、徳丸村・出作村(松山領)・南神崎村・上野村(天領)及び八倉村(大洲領)の五ヶ村が古樋井手の筧を切り落としたため、... 続きを読む

明和8年の干ばつ

image

明和8年(1771)、大干ばつのため、松山藩預所の徳丸村・出作村、大洲領八倉村・宮ノ下村・上野村の5ヶ村は、重信川よりの取水をめぐって、上手の麻生村と... 続きを読む

明和8年の水論

image

明和8年(1771)6月8日、八倉・宮之下・上野・徳丸・出作の下5ヶ村の農民700人が小樋井手を切り落としたため、上・下麻生村勢200余名との間で乱闘... 続きを読む

明和8年の干ばつ

image

明和8年(1771)は大干ばつで、6月8日に市之井手掛5ヶ村の農民700~800人の集団が古樋井手の掛樋を切り落とすという実力行使をしたため、上下麻生... 続きを読む

明和8年の干ばつ

image

明和8年(1771)、干ばつのため、一之井手がかりの南神崎・上野・徳丸・出作・八倉5村700人ほどが古樋井手を切り落とし、上麻生・下麻生200人と矢取... 続きを読む