文政6年の水争い

災害年月日
1823年07月17日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
文政6年(1823)6月10日、突分ヶ堰をめぐり南吉田村と余戸村・垣生村の間で乱闘が起こり、南吉田村の忠七が横死した。この時は、近郷の寺の僧侶が仲介に入り、新たな分水法を定めて決着した。さらに、25回忌の弘化4年(1847)に「南吉田村忠七墓表」が建てられ、「分水功徳主命」として南吉田堂ノ元橋の袂に祀られた。
地理院地図
Googleマップ
備考
南吉田町に関谷忠七墓碑と分水功徳主命碑が建立されている。
参考画像
参考文献
門田恭一郎「伊予における水論について(下)」(高須賀康生編「伊豫史談 第318号」伊豫史談会、2000年、所収)、38-39頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水争い 忠七 南吉田村 余戸村 垣生村
NO.
愛媛1559

よく似た災害

文政6年の水論

image

文政6年(1823)は旱天続きで、下流では植え付けができずに困っていた。6月10日、南吉田村の忠七が西余戸村の井関を切り落としたため、これを知った東・... 続きを読む

文政6年の水論

image

文政6年(1823)、両余戸村、垣生村の3ヶ村と南吉田村が水論、騒動となり、南吉田村の百姓忠七が即死した。(「余土村誌」による) 続きを読む

文政6年の水論

image

文政6年(1823)、伊予郡両余戸村・垣生(はぶ)村(3ヶ村)と温泉郡南吉田村が水論、百姓忠七が横死。(「愛媛県農業史」、「余土村誌」等による)(伊予... 続きを読む

明治5年の水争い

明治5年(1872)、金川村と三角寺村の間に水争いがあった。谷水が等分に流れるように置いていた分水石を切って流量を変えたため、水争いが起こった。(「惣... 続きを読む

享和3年の水論

享和3年(1803)、小沢川村と波岡村の間で水論が起こったが、小沢川下井手から波岡一の井手へ5分(半分)宛分水することで一応落着した。しかし、その後も... 続きを読む