昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年00月00日
市町村
愛媛県西予市(宇和町)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)春期以来、干ばつにより、上宇和村永長と久枝の間でポンプ使用の可否をめぐり、宇和川の支流深川で水論が発生した。両地区あげての水論は約7年に及び、昭和15年の松山地方裁判所宇和島支部の調停案は「十馬力以内、午前六時~午後六時までとし、同時間内に一度水位が入宇堰底コンクリート面まで低下した時はその日はポンプを中止する」等であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
門田恭一郎「伊予における水論について(下)」(高須賀康生編「伊豫史談 第318号」伊豫史談会、2000年、所収)、42頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水論 深川 ポンプ使用 裁判所調停
NO.
愛媛1561

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)春期以来、干ばつにより、東宇和郡上宇和村久枝と永長で水論。(「灌漑水利権-ふけ川水論」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月26日~9月11日の48日間降雨なし(松山気象台最長記録)。玉川町では灌漑井戸、水路、ポンプ設置。 続きを読む

昭和49年の台風8号

image

昭和49年(1974)7月6日から7日かけて、小豆島は台風8号による局地的な集中豪雨に見舞われ、内海町では6日9時~7日1時に総降雨量365ミリ、6日... 続きを読む

昭和39年の干ばつ

昭和39年(1964)7月22日より8月22日まで一滴の雨も降らず、7月~8月でわずか8.2ミリの雨しか降らず、水田、果樹のかんがい用水をはじめ、飲料... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつのため、石手川では特定の井堰から時間を限って集中的に取水する大寄せ水が行われた。すなわち、一ノ井手・草葉両堰で34時間、... 続きを読む