明治23年の洪水

災害年月日
1890年09月11日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治23年(1890)9月11日、台風に伴う大雨により、特に新荘川筋の出水は平水より7m余高く、堤防を決壊して田畑、人家を押し流し、上分、新荘地区に大損害を与えた。上分村の被害は溺死・圧死者8人、本家流失33戸、全倒18戸、半倒30戸、大破8戸、家屋浸水278戸、堤防流失77箇所、道路流失139箇所、橋梁流失15箇所、山岳崩壊1,200箇所等に、また新荘村の被害は死者14人、家屋流失14軒、馬流失6頭等に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
備考
上分笹野には明治23年の新荘川洪水災害復旧記念の「回耕」という碑が建立されている。
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、62-69頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
洪水 新荘川 死者 上分村 新荘村
NO.
高知905

よく似た災害

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日、雨台風が豪雨をもたらし、新荘川筋の出水が未曾有の損害を与えた。上分村では新荘川の水位が平水よりも2丈余の高水となり、... 続きを読む

明治23年の水害

明治23年(1890)9月10日から降り始めた雨は11日も続き、新荘川の水量は平水より2丈余の高水となり、堤防が決壊して田畑、人家を押し流し、一夜にし... 続きを読む

明治40年の洪水

明治40年(1907)9月7日、洪水により、吉野川・勝浦川の堤防決壊85箇所2,825間。死者19人、うち吉野川で16人、負傷者27人、家屋全壊・流失... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月29日夜、池田町で大洪水があり、溺死者8人、橋の流失2箇所、破損2箇所、家屋の破損41戸、流失5戸、浸水42戸、床下浸水2戸... 続きを読む

明治28年9月・10月の台風

明治28年(1895)9月上旬及び10月中旬、台風。8月の台風と合わせて、この年の台風被害は死者1人、負傷者3人、全倒23戸、半倒15戸、大破61戸、... 続きを読む