昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県いの町(伊野町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月17日、台風5号による豪雨のため、伊野町では23人に犠牲者を出した。なかでも神谷割石地区では、集会所に避難中の住民が土石流の被害を受け、一度に6人の犠牲者を出した。伊野町では、この災害の教訓を永く伝え、犠牲者の冥福を祈るために割石に慰霊碑を建立した。
地理院地図
Googleマップ
備考
割石には昭和50年台風5号に関する慰霊碑が建立されている。
参考画像
参考文献
砂防広報センター編「碑文が語る土砂災害との闘いの歴史」(砂防広報センター、1998年)、224-225頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 割石 死者 教訓 慰霊碑
NO.
高知1032

よく似た災害

昭和50年の土砂災害

昭和50年(1975)8月17日、台風5号による土砂災害で、77人の犠牲者を出した。 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、大津波のため、四国・九州の海岸地方は幾百の犠牲者を出した。 続きを読む

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月28日、東予地方に暴風雨が襲来し、千余人の犠牲者を出した。この記録には、当時神戸新聞の記者であった江見忠功が現地から報告した... 続きを読む

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月28日、東予地方に暴風雨が襲来し、千余人の犠牲者を出した。この記録には、当時神戸新聞の記者であった江見忠功が現地から報告した... 続きを読む

昭和59年の大雪

昭和59年(1984)1月31日、降雪があった。異常低温を伴ったため、農作物や林業に多大の被害を与え、被害額は8億7,000万円に達した。しかし、15... 続きを読む