昭和47年の地すべり

災害年月日
1972年07月00日
市町村
高知県大豊町
災害種類
土砂災害  
概要
昭和47年(1972)7月、集中豪雨を契機として、岩原川上流、赤根川流域で大規模な地すべりが発生した。このため、県と大豊町に要請により、昭和41年指定の岩原地すべり防止区域と赤根川水系の吉野川本流より2.4km上流の流域が工事区域に組み入れて高知営林局の直轄治山工事が行われた。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大豊町史編纂委員会編「大豊町史 近代現代編」(大豊町教育委員会、1987年)、849頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地すべり 集中豪雨 岩原川 赤根川 直轄治山工事
NO.
高知1154

よく似た災害

昭和40年の地すべり

image

昭和40年(1965)9月、豪雨により、南小川・赤根川地域で大規模な地すべりが発生した。また、徳島県祖谷川上流の東祖谷村大西でも大崩壊が発生した。これ... 続きを読む

昭和50年の地すべり

昭和50年(1975)6月、横倉の水田8aに幅20cm、長さ60mの亀裂ができた。この付近は昭和30年(1955)2月に地すべり地に指定されていたとこ... 続きを読む

昭和55年の地すべり

image

昭和55年(1980)6月18日~19日、前線による大雨のため、大豊町岩原のとうじ山で地すべりが起こり、被害は被災世帯15戸、被災者57人、田埋没47... 続きを読む

昭和57年の地すべり

昭和57年(1982)10月5日、国道194号寒風山道路の工事用道路で大規模地すべりが発生した。幅100m、長さ200m、推定崩土量10万立米。 続きを読む

昭和48年の地すべり

昭和48年(1973)1月、嘉喜尾の吉之沢で地すべり。 続きを読む