大正7年の台風

災害年月日
1918年07月00日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)7月、台風により被害甚大。浸水家屋が多く、市塚付近ではわずかに屋根のみ水上に見えた。加茂川堤防は上砂、長丁付近2回決壊、田は砂礫に埋まり、国道加茂川橋の一部が陥落した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
久門範政編「西條市誌」(西条市、1966年)、1061頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 加茂川堤防決壊 加茂川橋
NO.
愛媛2158

よく似た災害

大正7年の台風

大正7年(1918)7月12日、台風により、加茂川堤防は上砂、長丁付近で決壊し、水田は砂礫に埋まった。国道が通る加茂川橋は一部陥落した。市塚付近では屋... 続きを読む

大正7年7月の台風

大正7年(1918)7月、台風による被害甚大、浸水家屋も多かった。市塚付近ではわずかに屋根のみ水上に見えた。加茂川堤防は上砂、長丁付近2回決壊、田面は... 続きを読む

天保4年の洪水

天保4年(1833)、洪水、加茂川堤防決壊。 続きを読む

天保4年の風雨

天保4年(1833)、洪水、加茂川堤塘決壊す。(「新居郡誌」による) 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)9月14日、大洪水により堤防が決壊し、下井、高津、新田の一部が収穫皆無となった。 続きを読む