大正7年の山火事

災害年月日
1918年00月00日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
火災  
概要
大正7年(1918)春、北方の苔谷山で100町歩余り焼き、被害が甚大であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町編「川内町誌」(川内町、1961年)、120頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山火事 苔谷山
NO.
愛媛4092

よく似た災害

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)11月、干ばつにより仁尾町の被害が甚大であった。 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)9月21日、大暴風雨により財田川の決壊多く、小岡集落の北方で100m余り決壊し、土砂は観音寺駅付近に達し被害甚大であった。皇室より... 続きを読む

大正7年の山火事

大正7年(1918)3月中旬、「細野焼け」と言われる大きな山火事があった。阿南市細野の山から出火し、強風にあおられ火は峰から峰へ飛び、鷲敷との境貝塚の... 続きを読む

昭和15年の山火事

昭和15年(1940)5月10日、釜谷字乳久保の分割山で山火事が発生し、約3町歩を焼失、損害額2,600万円。原因は粟を播く畑焼きの延焼であった。 続きを読む

大正6年の台風

大正6年(1917)8月3日、台風(最低気圧739.7ミリメートル)により神社の多くの大木が倒伏し、耕地及び作物の損害が甚大であった。全壊10戸、半壊... 続きを読む