昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月10日
市町村
愛媛県西予市(野村町)
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)、台風17号が長崎市付近に上陸し、大雨となった。このため、9月10日から12日の間に鹿野川ダム~魚成橋、坂石~荷刺、大成~柳谷線、歯長峠~慈眼堂などで全面通行止めが相次いだ。(野村町の災害報告書による)
Googleマップ
参考文献
野村町誌編纂委員会編「野村町誌」(野村町、1997年)、51頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 道路通行止め
NO.
愛媛5040

よく似た災害

昭和46年の台風19号

昭和46年(1971)、台風19号に伴う崖崩れなどにより、野村西谷線が通行止めとなり、落石事故により、死者1人が出た。明間野村間も通行止めとなった。(... 続きを読む

昭和54年の土砂崩れ

昭和54年(1979)9月4日、土砂崩れのため、国道32号が南国市成合で全面通行止めとなったが、8日に片側通行。 続きを読む

昭和55年の台風13号

昭和55年(1980)9月11日、九州に上陸した台風13号、県道石井・神山線が石井町童学寺越で全面通行止め。(「徳島新聞」による) 続きを読む

平成19年の台風4号

平成19年(2007)7月15日、台風4号の影響で、県内各所で路面冠水や土砂崩れなどが相次ぎ、小川~角茂谷間が全面通行止めとなった。 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月12日、台風17号により、新居浜市船木の国道11号で法面崩壊が発生し、道路及び周辺の家屋が埋没した。9月14日9時30分まで... 続きを読む