昭和20年の台風16号

災害年月日
1945年09月15日
市町村
愛媛県八幡浜市
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)9月15日~18日、台風16号により、出石寺、飯之山等の杉・松の大木が多く吹き倒され、各地で被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八幡浜市誌編纂会編「八幡浜市誌」(八幡浜市誌編纂会、1975年)、77頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 出石寺 飯之山
NO.
愛媛5076

よく似た災害

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月15日~18日、枕崎台風により、出石寺・飯之山等の杉・松の大木が多数吹き倒され、各地に被害が出た。(「愛媛県史概説下」による... 続きを読む

天保5年の台風

天保5年(1834)8月5日~6日、暴風雨により一軒吹き倒れ、桐の木多く吹き倒れる。(「兵助日記」による) 続きを読む

享保14年の台風・高潮

享保14年(1729)8月19日夜の風は4,50年来の大風で、海岸部では高潮の被害が多く、三津街道の並木の松・杉が倒れ、松山・三津間の交通が途絶えたほ... 続きを読む

寛政4年の台風

寛政4年(1792)7月26日、大風が吹き、盛村で7、8軒吹き倒された。 続きを読む

安政4年の台風

安政4年(1857)、大暴風雨により、教法寺のセンダンの大木、本堂、鐘堂が吹き倒された。また、八朔の大水により、足代妙見の往還に吉野川の水が2尺も乗り... 続きを読む