大正3年の桜島噴火

災害年月日
1914年01月12日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
火山災害  
概要
大正3年(1914)1月12日午後6時30分、鹿児島の桜島が噴火し、余波は宇和島にも及んだ。12日来地震が数回あり、13日朝には灰を降らし、霧が立ち込めて市内は暗たんとして暗く、日振島に海水が押し寄せ海嘯が起こった。(大阪毎日新聞による)保内町にも降灰があり、降り積もった火山灰は保内町郷土資料室に展示されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編纂委員会編「改訂版 保内町誌」(保内町、1999年)、58-59頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
桜島噴火 降灰 火山灰
NO.
愛媛5182

よく似た災害

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日、桜島が大爆発を起こし、火山灰は久万上空にも来て終日曇天であったという。 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日、桜島が大爆発を起こし、火山灰は久万上空にも来て終日曇天であったという。 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月9日、桜島が噴火し、佐川付近にも数日にわたって降灰があり、潤葉樹や屋根瓦に白くたまった。 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月16日、桜島火山の大爆発による降灰が、生比奈村、棚野村にも及んだ。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月13日午前より、鹿児島県桜島噴火による灰が降り始め、屋根や路面が灰白色になった。「一宮日記」によると、「昨夜以来、海軍の大演習... 続きを読む