昭和8年の台風

災害年月日
1933年10月20日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  高潮  
概要
昭和8年(1933)10月20日朝、台風は枕崎に上陸し、宮崎西方を通り、愛媛県を通過し、瀬戸内海を経て北東に去った。雨量は少なかったが、風力が強く、高波と高潮を伴い、八幡浜から今治の海岸部にかけて被害が出た。(「愛媛県史概説」、気象台資料による)伊方の総降水量74ミリ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高潮 愛媛県史概説
NO.
愛媛5274

よく似た災害

昭和8年の台風

昭和8年(1933)10月20日、台風により、八幡浜から今治海岸部にかけて被害が出た。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1954)9月、伊勢湾台風は高潮を伴い、都呂の海岸に打ち上げた大波が数戸の家屋を倒壊し、死者2名、国道の途絶をもたらした。また、漁船30隻... 続きを読む

昭和8年10月の台風

昭和8年(1933)10月20日、台風により、八幡浜の海岸部に被害続出。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による) 続きを読む

昭和49年の台風14号・16号

昭和49年(1974)9月、台風14号・16号の襲来により、南国市から高知市にかけての海岸では最高7.19mの高波と長時間の波浪を受け、海岸堤防が倒壊... 続きを読む

享保12年の暴風

享保12年(1727)秋季、暴風により、今治の海岸破壊す。(「今治拾遺」による) 続きを読む