昭和8年の台風

災害年月日
1933年10月20日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
昭和8年(1933)10月20日、台風により、八幡浜から今治海岸部にかけて被害が出た。(「愛媛県史概説」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 愛媛県史概説
NO.
愛媛5435

よく似た災害

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月10日夜半から11日にかけて暴風雨となり、大被害が出た。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

昭和8年の台風

昭和8年(1933)10月20日朝、台風は枕崎に上陸し、宮崎西方を通り、愛媛県を通過し、瀬戸内海を経て北東に去った。雨量は少なかったが、風力が強く、高... 続きを読む

昭和10年9月の台風

昭和10年(1935)9月24日から25日にかけて暴風雨となり、相当の被害を受けた。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

昭和42年5月・6月の干ばつ

昭和42年(1967)5月27日から6月にかけて降雨なく、旱害。(「愛媛県史概説」による) 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)、室戸台風により、愛媛県で死者30人、家屋全壊流失156戸、家屋浸水6,314戸などの被害が出た。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む