昭和8年の台風

災害年月日
1933年10月20日
市町村
愛媛県伊方町(三崎町)
災害種類
風水害  
概要
昭和8年(1933)10月20日、台風により、南予地方で被災者1,900人に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三崎町誌編集委員会編「三崎町誌」(三崎町、1985年)、27頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛5670

よく似た災害

昭和16年の台風

昭和16年(1941)10月1日、台風により、特に東予及び南予地方で被害が多く、道路54箇所、死傷者12人、行方不明71人、家屋全壊218戸に及んだ。... 続きを読む

昭和55年の台風13号

昭和55年(1980)9月9日~11日、台風13号が大隅半島に上陸、九州縦断後に日本海を北上したため、東・南予地方で300~600ミリの大雨となった。... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月31日から8月1日にかけて、台風10号が高知県西部に上陸して愛媛県中予地方を通過し山陰地方へ進んだ。愛媛県内は大雨となり、南... 続きを読む

昭和16年8月の台風

昭和16年(1941)8月15日、台風により、特に東予及び南予地方で被害甚大。船舶の流失・沈没32隻等。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による) 続きを読む

明治24年の台風

明治24年(1891)9月14日、台風により、南予地方で被害多し。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む