寛政2年7月の風雨

災害年月日
1790年09月05日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
寛政2年(1790)7月26日、大風雨、損害大。(「日本気象史料(松山市史)」による)
Googleマップ
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、42頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
風雨 日本気象史料 松山市史
NO.
愛媛6879

よく似た災害

文政3年の干ばつ

文政3年(1820)夏、旱損、松山領内で11万石。(「日本気象史料(松山市史)」による) (註)文政6年の記事内容と一致するので、松山市史の誤記であろ... 続きを読む

寛政8年の風雨

寛政8年(1796)7月15日、四国地方大風雨、洪水。(「日本気象史料」による) 続きを読む

文化7年の旋風

文化7年(1810)9月8日、旋風が西堀端より起こり、瓦粉が巻き上げられた。(「日本気象史料(松山市史)」による) 続きを読む

天明5年の干ばつ

天明5年(1785)、干ばつ。12月20日、御領分、当夏干ばつ、田畑不熟のため、御損毛16,428石の御届あり。(「松山叢談(本藩譜)」による)/夏、... 続きを読む

寛政8年の風雨

寛政8年(1796)7月15日、中国、四国、近畿、中部、関東地方大風雨、洪水。(「日本気象資料」による) 続きを読む