昭和18年の台風

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県重信川流域、肱川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日~23日、台風による豪雨のため、重信川で堤防が決壊し、浸水家屋12,000小、耕地の流失などの大被害が発生した。既往最大洪水であった。また、大洲平野も大水害となった。
Googleマップ
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、37頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 豪雨 重信川 堤防決壊 肱川
NO.
愛媛9019

よく似た災害

昭和21年の洪水

昭和21年(1946)7月、仁淀川で大洪水が発生し、本川各所で破堤し、沿川各地に床上浸水などの大被害を与えた。 続きを読む

平成16年の台風16号

image

平成16年(2004)8月30日、瀬戸内海中部では、台風16号による高潮が大潮の満潮と重なり、軒並み既往最高潮位を記録した。なかでも宇野T.P.+2.... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月、重信川では既往最大の洪水に見舞われ、破堤・溢水8箇所、家屋の浸水約12,500戸などの被害を受けた。 続きを読む

宝暦12年の洪水

宝暦12年(1762)8月9日、大洪水が発生し、現在の岡地区集会所付近の被害が最も多く、死者15人、家屋流失12棟、田畑流失などの被害が出た。この年が... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月23日、台風により、松山地方では4日間で年平均雨量の5ヶ月分にあたる540ミリの雨に見舞われ、当時の既往最大の洪水が発生した... 続きを読む