大正9年の洪水

災害年月日
1920年08月15日
市町村
香川県観音寺市
災害種類
風水害  
概要
大正9年(1920)8月15日、大雨により財田川が増水し、午後6時半に江藤橋が危険となり切り離した。(村役場の日誌による)
Googleマップ
参考文献
一ノ谷郷土史研究会編「かがわ一ノ谷の歴史」(一ノ谷郷土史研究会、2001年)、300頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 財田川 江藤橋
NO.
香川2538

よく似た災害

大正11年の洪水

大正11年(1922)7月5日、大雨により財田川が増水し、本山仮橋が落下した。吉岡、土居は大水。(村役場の日誌による) 続きを読む

承徳2年の洪水

image

承徳2年(1098)、大洪水により、北を流れていた流路が岩津を切り離す。また、阿波郡粟島(善入寺島)が南岸の川島・鴨島より切り離されて島となる。(吉野... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月14日から16日正午頃まで、第二室戸台風のために雨が降り続いた。冬畑では鉄砲水により2戸が倒壊、7橋が破損、大谷川の北橋が流... 続きを読む

昭和25年の集中豪雨

昭和25年(1950)8月6日午後1時頃から豪雨となり、わずか3時間ほどの間に谷川の水は増水し、貯水池の堤防が危険になり、警防団が非常招集された。川島... 続きを読む

大正7年の水害

大正7年(1918)、井口の三左川の決壊により、砂利が流出し、これを盛口村役場の敷地造成に利用した。 続きを読む