大正9年の洪水

災害年月日
1920年08月15日
市町村
高知県三原村
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)8月15日、16日の大洪水は近代災害史中で最たるものであった。村の被害は死者19人、負傷者15人、牛馬の圧死4頭、流失2頭、住家の流失13戸、埋没・破壊60戸、半潰80戸、浸水100戸、非住家の全潰100戸、半潰30戸、流失30戸、浸水400戸、山林崩壊1万箇所、田地の流失・埋没114町5反歩、10年以上荒地免租地66町9反歩、畑地の荒廃13町歩余、その他至る所で道路が流失・埋没し、堤防が決壊・流失し、一望荒原連続して復旧は容易ではないと思われた。(村会での村長の報告による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三原村史編纂委員会編「三原村史」(三原村教育委員会、1971年)、502-504頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 死者 山林崩壊 堤防決壊
NO.
高知615

よく似た災害

大正9年の洪水

大正9年(1920)8月15日、16日、大洪水が発生し、三原村は有史以来の大災害を受けた。被害は死者19人、負傷者15人、牛馬の圧死4頭、流失2頭、住... 続きを読む

大正4年の洪水

大正4年(1915)10月8日、高松の長瘤という堤防が流失し、畑の土砂入り1町2反歩、午後さらに同所で70間が流失し、畑の埋没・土砂入り役2丁3反歩、... 続きを読む

大正15年の豪雨

大正15年(1926)7月7日、低気圧による豪雨、洪水のため、被害が生じた。被害は、田の流失・埋没25町、浸水125町、畑の流失・埋没2町、浸水8町、... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月22日~25日、豪雨による大洪水のため、肱川村は甚大な被害を被った。被害は、死者1人、住家の流失1戸、全壊3戸、半壊1戸、床... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月13日~14日、台風12号により、軽傷1人、住家の全壊2戸、流失3戸、半潰10戸、床上浸水13戸、床下浸水47戸、非住家の被... 続きを読む