大正7年の台風

災害年月日
1918年08月29日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)8月29日から30日にかけて暴風雨。田畑の埋没・流失のほか、森庄川橋、伊豆川橋、伊豆川支流沿いの水車小屋が流失した。北浦、渕崎で死者8人。
Googleマップ
参考文献
福田村誌編集委員会編「福田村誌 葺田の里」(福田地区自治連合会、2005年)、155頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 北浦 渕崎 死者
NO.
香川3397

よく似た災害

大正7年の台風

image

大正7年(1918)8月29日~30日、暴風雨。北浦、渕崎で死者8名、負傷者多く、内海地区でも揚柳橋、大川橋、西村久徳の橋、神懸橋、遊仙橋、青木橋、福... 続きを読む

大正7年8月の台風

大正7年(1918)8月29日から30日に台風襲来し、西村地区では日方の久徳橋が流失、各河川氾濫、田畑、道路が損壊した。内海地区では8つの橋が流失した... 続きを読む

昭和40年の集中豪雨

昭和40年(1965)9月10日、集中豪雨により、森庄川沿いの30数戸が床上・床下浸水し、田畑の冠水、2つの橋の流失などの被害が出た。 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)8月29日~30日、暴風雨のため、土庄町北浦渕崎地区で死者8人、負傷者多数を出した。 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、暴風雨により、死者3人、重傷者2人、住家の全壊34戸、半壊37戸、大破47戸、流失1戸、非住家全壊34戸、半壊37戸、... 続きを読む