昭和4年の台風

災害年月日
1929年10月25日
市町村
香川県東讃地域
災害種類
風水害  
概要
昭和4年(1929)10月25日~26日、台風のため、東讃の被害甚大。
Googleマップ
参考文献
大川町史編集委員会編「大川町史」(大川町、1978年)、700頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
香川4629

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)、室戸台風の被害甚大。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、強風のため、各戸ともほとんど屋根瓦が飛んだ。フェーン現象により稲作被害甚大。釜の口堰45間流失。果樹被害甚大。(西条... 続きを読む

昭和8年の干ばつ

昭和8年(1933)7月~8月、干天、少雨のため、農作物の被害甚大。相生村の旱害甚大のため、長尾税務署が干害地踏査のため来村し、第一耕地整理区内は地租... 続きを読む

昭和31年の台風12号

昭和21年(1956)9月9日18時、台風12号の警報が発令され、22時に台風が襲来した。10日、前夜に引き続き暴風となり、午後平静となった。雨量は少... 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風による暴風・洪水のため、中村の被害甚大。 続きを読む