昭和4年7月の台風

災害年月日
1929年07月01日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
昭和4年(1929)7月1日~2日、台風のため、香川県東部で南東の風が強く、津田町の巨松が折損し、小豆島では葉たばこの被害、高松では電話障害があった。(気象庁「気象要覧」による)
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、34頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 強風 気象要覧
NO.
香川5314

よく似た災害

昭和25年7月の雷雨

昭和25年(1950)7月9日、寒冷前線の通過に伴い、四国各地で雷が発生し、香川県内では香川郡川岡、池西、由佐、川東の各村で雹が降り、たばこ36ha、... 続きを読む

昭和36年10月の大雨

昭和36年(1961)10月26日深夜から27日朝にかけて、発達した低気圧の北東進により、東部及び小豆島では強雨が降り、総雨量は引田で303ミリ、小豆... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)、室戸台風。空前の強風が吹き、家屋の半壊倒壊、屋根瓦飛散、船舶の損傷多く、葉たばこの被害甚大。 続きを読む

昭和8年6月の雷雨

昭和8年(1933)6月28日、雷雨により、死者4人、負傷者1人、家屋、電柱、家畜に被害があった。電車は一時運転を中止した。高松市内では床下浸水100... 続きを読む

昭和10年6月の強風

昭和10年(1935)6月3日~4日、低気圧のため西日本一帯に強風が吹き、小豆島では家屋2棟が倒壊し、船舶3隻が流失、農作物が被害を受けた。(気象庁「... 続きを読む