昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
高知県南国市
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により、前浜村の海岸地帯は大きな被害を受けた。伊都多神社境内の大きな松が倒壊したということから考えて、浜通りに沿って東西に続いていた松並木の防風林も相当数倒れたに違いない。家屋や農作物にも被害があったはずである。前浜村は復旧組合を組織し、災害復旧に取り組み、昭和10年に災害復旧が完了した。前浜村は災害復旧事業と堤防建設を後世の人々に伝えるために、復旧記念碑を建立した。
Googleマップ
備考
復旧記念碑は昭和10年に建立されたが、その碑はクレーン車による事故で破壊されたため、現在の碑は再建されたものである。
参考画像
参考文献
神田二三夫「室戸台風と復旧記念碑」(南国史談会「南国史談 第28号」南国史談会、2005年、34-39頁)
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
室戸台風 伊都多神社 前浜村 災害復旧 復旧記念碑
NO.
高知3381

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月20日、室戸台風により、物部川の増水1丈余。物部川流域での被害は記録されていない。 続きを読む

明治19年の台風

image

明治19年(1886)には、8月20日~21日、9月10日、17日、24日と4回の台風が来襲し、物部川の出水がひどく、山田堰の被害も大きかったというが... 続きを読む

昭和36年10月の大雨

昭和36年(1961)10月26日~27日、低気圧型大雨により、2日間の福原旭で雨量は593ミリに達し、第二室戸台風による災害復旧のないあと、より一層... 続きを読む

昭和36年10月の大雨

昭和36年(1961)10月26日~27日、低気圧型大雨により、2日間の福原旭で雨量は593ミリに達し、第二室戸台風による災害復旧のないあと、より一層... 続きを読む

昭和13年の洪水

昭和13年(1938)9月5日朝から、雨が強くなり、風が加わって、大洪水により田畑は流失し、家は崩れ、県道、町村道及び橋梁は流失し、交通・通信は途絶し... 続きを読む