昭和38年の台風9号

災害年月日
1963年08月09日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和38年(1963)8月9日~13日、台風9号により、高知県では渡川、仁淀川、物部川で計画高水位を突破し、渡川支川後川では3箇所が破堤した。東津野村では総雨量が1,000ミリ以上の豪雨となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局土佐国道工事事務所編「土佐国道二十年史」(四国建設弘済会、1983年)、302頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 渡川 仁淀川 物部川 後川破堤
NO.
高知4527

よく似た災害

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号により、渡川、仁淀川、物部川で計画高水位を突破、渡川支川後川3箇所で破堤した。東津野村では総雨量1,000ミリ... 続きを読む

昭和32年の台風7号

昭和32年(1957)8月20日、台風7号により、特に渡川・仁淀川上流域で大雨が集中した。東津野では総雨量900ミリで、仁淀川は20日に警戒水位を突破... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月10日、台風9号により、渡川上流域の東津野で総雨量が1,034ミリに達した。8月9日21時30分頃には、中村市で渡川左岸堤が... 続きを読む

昭和32年の台風7号

昭和32年(1957)8月20日、台風7号が九州西方海上を北上した。本県では18日夕刻から全般に雨となり、20日は強く、渡川・仁淀川上流域に特に大雨が... 続きを読む

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月8日、台風6号が九州、四国の南端をかすめた。仁淀川、渡川上流域や魚梁瀬地方などでは総雨量700ミリに達し、渡川では8日警戒水... 続きを読む