慶応2年の寅の水

災害年月日
1866年00月00日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)夏、連日の豪雨により園瀬川は大洪水となり、園瀬橋付近北岸の堤防から決壊し始め、4ヶ村用水下井利付近まで約50間破堤した。人家8戸流失し、死者20余名を出し、非常な惨状を呈した。また、付近一帯の大坪・新貝の田んぼは土砂により埋没し、住民は非常な損害を受けた。
Googleマップ
備考
冷田橋の妙見庵にある一字一石の塔、北浜地蔵寺の石地蔵塔は寅の年洪水による死者の供養として建てられた。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八万村青年団編「八万村史」(八万村青年団、1935年)、395頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
寅の水 園瀬川 堤防決壊 死者
NO.
徳島3059

よく似た災害

安政元年の洪水

安政元年(1854)、大洪水により園瀬川筋大坪一帯の堤防が決壊した。田の埋没、人家の流失等、未曾有の水害を蒙り、溺死者数知れぬ惨状を呈した。 続きを読む

安政元年の大坪切れ

安政元年(1854)、大洪水により園瀬川筋大坪一帯の堤防が破堤し、田の埋没、人家の流失等、未曾有の水害を蒙り、溺死者数知れぬ惨状を呈したと伝えられる。... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)、「寅の水」と呼ばれる洪水。「板野町史」には「7月の末より8月の初に至って霖雨蕭々として降り続き所謂厄日、八朔に篠突くばかりの大雨... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月6日から8日にかけて、風雨、洪水により、佐馬地村では吉野川をはじめ諸川が未曾有の大洪水となり、佐野村では山岳崩壊により人家3戸... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月6日から8日にかけて、風雨、洪水により、佐馬地村では吉野川をはじめ諸川が未曾有の大洪水となり、佐野村では山岳崩壊により人家3戸... 続きを読む